CA3I0085-160115

働き盛りの年代はもちろん入社して日が浅くとも、勉強のため、他に追いつくためと長時間働く人は多い。
周りの期待に応えたい、出世したい、ここが正念場だから……。理由は様々だが、健康を害しては意味がない。

先日、内閣府の経済社会総合研究所から、「労働時間と過労死不安」という研究が発表された。
近年は過労死がクローズアップされるようになり法律も変わったが、過労(死)が関わるニュースは後を絶たない。

日本人に特有かはわからないが、無理をして消耗してしまうのは昔も変わらなかった様だ。
僕の友人に学問といい人物といい、今の社会に稀有な立派な人がある。しかし、とかく身体を粗末にする。かつ僕が少し年長なるため婆心ながら「もう少し身体を大切にしたらよかろう」と忠告したところが、その時友人は「どうせ、人間、一度は死ぬものである。よく行ったからとて、長命するものではない」と言って笑ってしまった。
~中略~
もし読者中の元気旺盛な青年があって、この人と同じような思想を懐いている人があるとすれば、僕は友人に呈した苦言を再び繰り返して諸君の反省を求めたい。君等は幸いに精力旺盛であるから、大切にこれを貯蓄して、他日大々的利用を心がけるがよい。
修養 第八章 貯蓄
仕事上やむを得ない場合も多いが、命あっての物種である。
また命を落とすまででなくとも、長期の通院が必要になったり思うように身体を動かすことができなくなったりするのは、明らかに仕事の範囲を超えている。

その他、飲み会で付き合いと称して暴飲暴食したりするのは体力の乱費だ。
普段から軽い運動と相応の食事を心がけ、体力の貯蓄を心掛けたい。

では貯蓄した体力はどこで「大々的利用」をすべきなのか。
それは後日「知識の貯蓄編」として書くことにする。


修養 (タチバナ教養文庫)
新渡戸 稲造
たちばな出版
2002-07

 


人気ブログランキングへ

41N27N8QEQL


いつの時代でも、お金は無いよりある方が良い。
それは新渡戸稲造が「修養」を記した明治時代でも同じである。

彼はこの本の中で金銭の貯蓄を説いているが、彼もはじめから貯蓄ができたわけではなかった。
親元にいる時は小遣いをもらってすぐ使い果たし、北海道に移って官費で通学するようになってからも人に迷惑をかけることがあったそうだ。
この時の同級生に貯蓄心に富む者がいたが、彼から学ぶどころか乱費党を代表してからかう位だった。
卒業後十年以上経ってその同級生に会いに行くと、自分の家を建て5,6人の子を成して教育を施し、困った人には融通する程になっていた。
学生時代の事もしっかり覚えていて、汗顔にたえなかったという。
ゆえに僕はしばしばこう思う。破廉恥的の吝嗇は感服せぬが、吝嗇にならぬ程度において、貯蓄の心がけあるものは頭脳が綿密で、後日必ず有益な国民の一人になる。
修養 第八章 貯蓄
お金を特別重要視するつもりはないが、無一文ではかえって迷惑をかける。
そういったことにならないよう、普段の貯蓄を心掛けたい。


修養 (タチバナ教養文庫)
新渡戸 稲造
たちばな出版
2002-07






人気ブログランキングへ

maxresdefault

先日このような記事を見かけた。
プロレスには詳しくないが、記事を読んで回顧録を購入することにした。
彼がこれまでどんな人生を送ってきたか、いまどのように毎日を送っているかが中心に書かれている。また彼がプロレスラーとして、男として、父として何を考え伝えてきたのかが綴られている。
プロレスを全く知らない人が読んだとしても、その生きざまや考え方からは多くを学べるだろう。
特に心に響いたことばを書いておきたい。

どんな仕事であれ、一度それを引き受けたら、責任を持ってそれを全うしなければならない。
仕事というものは、100パーセントの全力で向き合う義務があり、それを怠ってはならない。
~中略~
関心が持てないような仕事であっても、それをすることが決まったのであれば逃げてはいけない。
仕事とは嫌々やるのではなく、できるだけ楽しみながらやりなさい。ネガティブな感情を切り捨てなさい。
楽しみながらできれば、すべてが楽になる。「嫌だな」と思いながらやれば、同じ仕事でも、とても重たいものに感じてしまう。すべては、自分の気持ちの持ち方次第だ、結果は一緒だったとしても、その向き合い方によって、仕事をする意味は全然違うものになる。自分がどんな気持ちで仕事に向き合っているか。プロフェッショナリズムの有無とは、そういうところでわかってくるのではないだろうか。

日は、また昇る。 男の引き際と、戦うべきとき 

私は最近退職した。
100パーセントの全力で向き合えなくなっていたからだ。
仕事は楽しくやりがいもあったが、就いた当初から「ここではない」という違和感を抱えたまま、解消されなかった。
これからは自分で選んだ方向へ、100パーセントの全力で向かっていこうと思う。

最後に、彼が「ファンからプレゼントされるなら何がいいか」と聞かれたときの答えを書いておく。自分もこう言えるように、全力で頑張りたい。

「何も思い付かないな。とりあえず、欲しいものは全部そろっている」







人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ